アミロイド凝集性評価用汎用性量子ドットナノプローブ

Versatile quantum dot nano probe for evaluating amyloid cohesiveness

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a quantum dot nano probe (universal probe) that has wide interactive spectrum to amyloid fibrils of amyloidogenic protein or peptide being a causative substance of Amyloidosis.SOLUTION: The present invention related to a quantum dot nano probe which is formed by bonding quantum dots to N-terminal or C-terminal of amyloidogenic peptide made up of 3 to 10 amino acids via cysteine, and a method for discriminating the presence of amyloid cohesion in a sample by using the quantum dot nano probe.SELECTED DRAWING: Figure 10
【課題】 本発明の課題は、アミロードーシスの原因物質であるアミロイド形成性タンパク質やペプチドのアミロイド線維に対して広い相互作用スペクトラムを持つ量子ドットナノプローブ(ユニバーサルプローブ)を提供することである。【解決手段】 本発明は、3〜10個のアミノ酸からなるアミロイド形成性ペプチドのN末端またはC末端にシステインを介して量子ドットが結合してなる、量子ドットナノプローブ、並びに、該量子ドットナノプローブを用いて、試料中のアミロイド凝集の有無を判別する方法などに関する。【選択図】 図10
【課題】 本発明の課題は、アミロードーシスの原因物質であるアミロイド形成性タンパク質やペプチドのアミロイド線維に対して広い相互作用スペクトラムを持つ量子ドットナノプローブ(ユニバーサルプローブ)を提供することである。 【解決手段】 本発明は、3〜10個のアミノ酸からなるアミロイド形成性ペプチドのN末端またはC末端にシステインを介して量子ドットが結合してなる、量子ドットナノプローブ、並びに、該量子ドットナノプローブを用いて、試料中のアミロイド凝集の有無を判別する方法などに関する。 【選択図】 図10

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle